2015年07月31日

新幹線でも放火があったが飛行機内で放火とは!



日本でも新幹線で焼身自殺があり、巻き添えで人が亡くなったが、中国では国内線の飛行機内で放火があったという。イマイチ目的が不明だが、ナイフも所持していたというから、おどろきだ。

中国や欧州では高速鉄道などでセキュリティチェックや荷物検査がある。飛行機も当然あるのだが、それがいいかげんなのか、あるいはたやすくすり抜けられるのかまだ不明だが、完全でないことだけは確かだろう。

リスク社会に住んでいる以上は、ある程度覚悟しなかればならないのかもしれないが、絶対に遭遇したくない。





ラベル:交通 航空機 災害
posted by rosta at 13:00| 東京 ☀| Comment(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月08日

いわゆるグレン隊・不良の「関東連合」

たまたまラジオで「関東連合」の話をしていた。

「関東連合」とはいわゆるグレン隊でマスコミなどでたびたび取り上げられていた。いまひとつラジオを聞いていても、よくわからないのだが、ゲストで呼ばれていた久田氏の著書があるというのでアマゾンでみたら、よくぞここまで低評価だといくらいのレビューが続いている。なるほど著者にもよくわかっていなかったのか。




posted by rosta at 13:22| 東京 ☁| Comment(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月07日

メキシコの麻薬戦争




メキシコとアメリカの国境付近の地域はこの手の話が多い。昨年も町に一人だけいた警察官(女性)が麻薬組織に拉致されて行方不明だというし。そもそも麻薬戦争に対してメキシコ警察自体が麻薬組織に敗北していたから。これでは警察官を辞任する人間が相次ぐのも無理はない。これはアメリカの側の責任も大きい。というのはアメリカ国内で麻薬組織自体が活動しているからである。本気で取り締まろうとしないのは、議員に多額の資金援助をしているからだ、と実しやかに語られているが、あながち間違いではないだろう。






posted by rosta at 16:29| 東京 ☀| Comment(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月13日

危ない雑誌



ぱっと見て、けっこうしゃれた感じ。表紙だけだとフツーのビジネス書みたいだ。
全67ページをウェブサイトで公開というので、本当に印刷物として出版されて流通しているのかは疑問だが、ともかくコンテンツはいかにも、という感じで充実しているようだ。

 MP3プレーヤーやPCも持参することは可能だが、SIMカード付きの携帯電話は「危険」。カメラ撮影は許可無く行うべきではないとのアドバイスも述べられている


などのありがたいアドバイスもある。

この手の雑誌とか小冊子は日本では、東アジア武装戦線の発行した『腹腹時計』(爆弾のつくりかたなどを掲載)や戦後の武装闘争時代の日本共産党が発行した『球根栽培法』(武装闘争の指南書)などがある。

テロリズムの解説書というのは、すべての人に手の内をみせてしまうので、ほんらいは危険なはずである。なぜなら警察当局などに事態の対応や予測をさせてしまうからだ。

それでも公開したということは、それを上回る効果や不特定多数のテロ志願者が生み出されるものと確信したからだろう。

posted by rosta at 16:18| 東京 🌁| Comment(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月10日

南アでのW杯―そろそろ被害が届く



韓国の報道陣に続いてポルトガルの報道陣も盗難にあったようだ。まあ盗難保険に入っているだろうから、さほどの被害にはならないだろう。ただ、南アフリカのヨハネスブルグでは、このような事例は日常茶飯事だと聞いている。たまたま外国から注目される事態になっているゆえに強調されている、ということだろう。

犯罪多発地域なので、そのあたりは折込済みだと思うが、明日からのワールドカップ開催で気分が高揚してハイになってきている外国人(もちろん現地に人も)たちは気を引き締めないとね。
posted by rosta at 18:18| 東京 ☁| Comment(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

へぎそば、通信販売、 日本文化の心 茶道具通販なら舞宝夢茶道具店
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。