2013年04月24日

医療格差への対応か




貧困ビジネスというのがある。言葉としては多義的でもあるが、そのひとつに貧困・低所所得者に対応した商売というか事業がある。ニッチ的なスキマ産業だが、それでも求める人々が多いとそれなりに利益のでるものとなるという。

貧しくとも、必要とする人々がいる限りは、リスクがあろうとも低価格医療を選択せざるを得ない現実がある。

アメリカで国民皆保険が進まないのは医療・薬品・保険業界のとてつもない圧力があるせいからだという。日本でも混合診療をすすめる動きがある。

TPP参加になるとますます「病気ビジネス」の拍車のかかるだろう、そ国際資本家たちの「医療による経済支配」にも注意が必要だ。





posted by rosta at 12:28| 東京 ☁| Comment(0) | ヘルス・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月03日

子育て失格!な写真

日本でたまに親が子どもに対して育児放棄をしたり、虐待を繰り返したりする事件がニュースをにぎわせて、社会というか世間的に悲憤慷慨の嵐をよびますが、海外でも子どもをぞんざいにあつかったり、親の子育てが間違っているんじゃないの、という例があるようで、ネットで突っ込みを入れられる写真がならんでいます。
子どもの写真

子どもの写真

子どもの写真

子どもの写真



Top Parenting Fails
posted by rosta at 20:45| 東京 ☔| Comment(0) | ヘルス・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月22日

飲酒が進む可能性も



ほんとにそんなことが可能だろうか?

もし、効き目があるというなら即購入するだろう。

ただ、気になるのは、それを所有していても忘れて翌日になったときに気づいたりすることだ。
実は酒を飲みすぎても、水を大量に飲めば、ある程度
ひどい二日酔いは避けられる。

問題はそれがわかっているのにもかかわらず、酔ったまま寝てしまうということで、よく日後悔してしまうことだ。

要は水を飲んで酔いを醒ます、アルコール分解を則すという意識があるかどうか、あるいはその程度に醒めた頭を保て、ということなんだが。
posted by rosta at 14:03| 東京 🌁| Comment(1) | ヘルス・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月16日

ヘビ料理が禁止なのか



ヘビ料理の韓国料理はあまり聞いたことがないが、中国では食べているはず、ベトナムなんかでもあるが、いわばゲテモノ料理の範疇だ。
でも、ヘビを食べると滋養強壮によいという話は本当だと聞いている。

たとえばハブなどの生血をお酒に混ぜて飲むなどの料理が知られている。

韓国でも一部では認められていると思うんだが…。
ラベル:ヘビ 料理 密輸
posted by rosta at 19:09| 東京 ☀| Comment(0) | ヘルス・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月28日

日本のカレーもインドへ



カレーについては日本のほうがおいしいと思うが、これも人間の嗜好の違いなのでなんともいえない。

ただ英国料理がまずいのは常識だと思う。

カレーについてはインドのばあいカレーがフツーすぎてあまりかえり見られることがないのが不幸というか残念。

インドのカレーは本格派というか。確かに香辛料なども豊富なのでおいしいのだが、味がしつこい気もするし、毎日、毎食食べるのは正直飽きるし、しんどい。

インドも生活スタイルが変わり、クーラーのある生活が日常になったりするとさほど辛さを求めなくなるのかもしれない。
posted by rosta at 15:20| 東京 ☔| Comment(0) | ヘルス・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

へぎそば、通信販売、 日本文化の心 茶道具通販なら舞宝夢茶道具店
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。