2016年05月04日

レスターが奇跡のプレミアリーグ優勝! まさにミラクルマジック!

岡崎選手が所属するイギリスのプレミアリーグのレスターが優勝した。なんでも下馬評では残留争いで年間を通すと思われていた、という。従来もリーグの上下を行きかう弱小クラブで、今期も目標はあくまでリーグにとどまることだった。ところがタイ人オーナーのはからいのでタイ親善ツアーでスキャンダルが発生。それにより監督が交代し以後はランクを上げる成績を続けて勝利をものにした、ということだ。

プレミア初制覇のレスター、転機はタイでの「乱交」事件
経験豊富なイタリア人指揮官、クラウディオ・ラニエリ(Claudio Ranieri)氏が招へいされると、ここからチームは歴史的快挙を成し遂げることになった。

http://news.livedoor.com/article/detail/11483198/







posted by rosta at 12:52| 東京 ☁| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月04日

デルピエロを引っ張ってくるクラブがJリーグにないのか!



ずいぶん前にデルピエロがイタリアのリーグから出て、外国のクラブと交渉しようとしていた時に、セルジオ越後が、「Jのクラブは何よりもJリーグを活性化するために、率先して獲得に向かうべきである」とアジっていた。

Jリーグの状況は日本経済と肩を並べており、負のスパイラルを描いている。少子高齢化の時代を迎えるにあたり、発足当初のバブル経済に依存した人気バブルはもう来ないと認識すべきだろう。せったく人気がでた日本人選手もすぐに欧州のリーグを目指し「海外組」という選択してしまう。日本のリーグを盛り立てる材料をつくらなければ、ジリ貧になってしまう。その意味で有名な選手を引っ張ってきて、活性化させる起爆剤はひとつに限らずに、いくつも必要になってきてる。その意味でセレッソ大阪のフォルラン移籍は前向きな選択だが、柿谷の海外移籍で帳消しになってしまった。

この機会にセルジオ越後に言うように、Jリーグ全体でギャラを支払うことなども検討して、ともかく日本に、このスター選手を呼ぶべきだろう。




posted by rosta at 23:42| 東京 ☀| Comment(5) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月25日

日本代表監督にアギレ氏ってあきれる日本サッカー協会

朝日新聞(14年7月25日)によると日本代表監督にメキシコ人のハビエル・アギレ氏が就任すると発表した。

セルジオ越後に言わせると、日本サッカー協会は結果について責任を負わない組織で、今回のワールド・カップのふがいない成績を一刻も早く記憶から消したいがために新監督就任の決定を急いだ、ということを「週刊サッカーダイジェスト」のコラムで匂わせていた。

【セルジオ越後コラム】アギーレ就任よりも論ぜられるべきこと
http://news.livedoor.com/article/detail/9078654/
2018年へひどいスタートを切った
http://web.gekisaka.jp/column/detail/?3948-3948-cm

たしかに、昔ドイツ大会で日本が無残に敗退したときにジーコ監督の総括をする前に、川渕氏が口を滑らせたかっこうで「今、オシムっていっちゃたね…」ととぼけた発言をしていた。

ザック・ジャパンというのは結局は選手に依存していただけではないか、という疑問が湧いてくる。ザック自身が強引に戦術をつくったり、スタイルを指示していくという感じではなかった。

調整の失敗・コンディションがよくなかった、という話を日本サッカー協会は反省点として挙げているようだが、本来の力からいえば世界ランキングどおりという素直な結果だと思う。それを監督の力でどれだけ押し上げることができるか、にかかっているはずだが、そこを問うことはなく、シビアに要求を高めることもなかった。結局はワールド・カップに出場できるというところで満足してしまい。それが頂点だったということだろう。


posted by rosta at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月10日

マンU監督ファーガソンが引退! なるほど71歳だったか



イギリス・プレミアリーグでサッカー界いちばんの人気・金持ちクラブであるマンチェスター・ユナイテッドの監督ファーガソンが引退! 年齢を聞いてなるほど71歳だったか。

なんといっても26年にわたってひとつのクラブを指揮したというのは偉業だろう。ちょっと考えられない。
まさに人生そのものといっても過言ではない。

27シーズンで28タイトルを獲得したという。
彼の業績に対して惜しみない賛辞を送ろうとおもう。





posted by rosta at 12:05| 東京 ☀| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月24日

香川のいるマンUがプレミアで20回目の優勝



香川のいるマンUがプレミアで20回目の優勝か…。

香川もドイツのドルトムントからからマンUへ移籍してリーグ優勝というのは、すごいラッキーだということで快挙でもある。一時はケガの心配もあり、またレギュラーへの定着もまだまだだと思うけど。ともかくおめでとう。

ベテランのライアン・ギグズ(MF)も活躍したということで、それもうれしい話だ。

なお 「とくだね!」によると仙台にもうれしいニュースがあるという。

笠井「これは日本にも影響しているんです。なぜかと言いますと、香川はドルトムントに行くまでは、日本のセレッソ大阪(17〜21歳)、その前はFCみやぎバルセロナ(12〜16歳)にいました。実はこのセレッソ大阪とFCみやぎバルセロナにも、マンUから合わせて約4500万円支払われることになっているんです」
連帯貢献金というもので、育てたチームにもお金を渡し、これからもますますいい選手を輩出してもらおうという制度だそうだ。
キャスターの菊川怜「第2の香川が出る軍資金になるかもしれませんね」

http://www.j-cast.com/tv/2013/04/23173690.html

連帯貢献金というのは知らなかったが、いい制度だと思う。日本国内でもあるのだろうか? なければ少ない金額でもいいからぜひ設置してほしい。








posted by rosta at 11:41| 東京 ☁| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

へぎそば、通信販売、 日本文化の心 茶道具通販なら舞宝夢茶道具店
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。