2010年05月20日

タイはあたらしい社会情勢を迎える



タイの政治は王室とその取り巻きたちで成り立ってきた。
支配の体制も王室と軍部で形成されてきたので、反抗などはできなかった。

かつて毛沢東路線の共産党もあったが、文革の終焉とともに
影響力を失い。ゲリラ路線を捨てて投降して消滅した。

司法や経済・産業、軍事、政治が旧体制により支配されている状況は
磐石なように見えたが、タクシンという旧体制に批判的な政治家は
貧しい農民や労働者たちを支援することで指示を集めるようになった。
同時に旧体制の経済的基盤を奪うことで、政治対決が浮上した。

従来であれば国王が仲裁するところだが、高齢で病気がちなのと
問題が根本的な利害対立を伴っているために一方の片をもつことはできないし、また和解する余地はほとんどない。

民主的な議会を媒介にして利害対立を調整する機能というものをタイはもってこなかった。
不満があると軍部がクーデターを起こして、王がでてきてまとめる
そのような形態ですんできたのだ。

しかし社会の矛盾がそのような旧来のセレモニー的は支配では
収集がつかなくなった。

UDD(タクシン派)が頑強に抵抗し、支持も集めたのはそのような基盤があり要因があるということで、今後とも対立は継続していくだろう。

posted by rosta at 13:52| 東京 ☁| Comment(1) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

いつもはSのお姉たまやけど、昨日はドM女にチンチン買ってもらったで!
尺八させて顔に精○ぶっかけたら、めちゃ喜んでたわ(笑)

てかこのサイトって変☆態☆女しかおらんのかい!!wwww
http://speCover.com/topo/87h2jk4/
Posted by ダメな女の子ばかりやなwww at 2010年05月22日 16:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


へぎそば、通信販売、 日本文化の心 茶道具通販なら舞宝夢茶道具店
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。