2012年02月15日

好戦的なほうが人気がでるアメリカ



オバマ大統領は核兵器廃絶への演説をしてノーベル平和賞をもらったが、その後はそれに報いるというよりも、ビンラディンを暗殺したり、テロ容疑者の掃討作戦を敢行したりと好戦的である。

アメリカのばあい勇ましいほうが、男らしくリーダーらしいと評価されて好感度が増すようだ。これについては他の国でも共通するのかもしれないが、アメリカのばあいはその度合いが尋常ではない。帝国としての地位を恐れているのかもしれない。国が社会的脅迫症という病的状態だと診断するヒトもいる。



posted by rosta at 13:06| 東京 🌁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月02日

スウェーデンの家具会社世界最大手イケアがインドへの進出見直し

スウェーデンの家具世界最大手イケアは多国籍展開をしており、グローバル企業として
中国、台湾などにも店舗がある。日本に店舗を開いたのは比較的最近だが、あっという間に定着した。

そのイケアがインドへの参入を見送るという、それは小売販売する製品の3割を現地中小企業から調達せよ、との規制をかけられるからだという。

考えてみれば国内産業・企業の保護政策であり、日本もかつてはそのような政策をとっていたこともあるし、農業については依然としてハードルを高くして外資・外国産の参入をブロックしていた。

いまTPP加入によって、それらの保護政策が見直されようとしているが、やはり必要な政策だといわざるを得ない。

資本力が違うのは当然だし、経済原則によって市場が左右される以上は人為的はなんらかの処置を施されない限り、焼け野原になるのは目に見えている。


インド参入見送るイケア
http://business.nikkeibp.co.jp/article/NBD/20120201/226745/?mlp

インド政府が1月、ようやく外資小売りの出資制限を撤廃した。だが、家具世界大手のイケアは、製品の現地調達規制に反発。当面は中国、ロシアへの出店を加速し、インド参入は見送る。


マイケル・オールソンCEO(最高経営責任者)は本紙フィナンシャル・タイムズに対し、その理由をこう説明した。インド政府は、単一ブランドを展開する小売りには販売する製品の30%を現地の中小企業から調達するよう要請しているが、これは投資の障害となる。見直しが必要だ。




http://news.livedoor.com/article/detail/4578031/


posted by rosta at 11:52| 東京 ☀| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月01日

船長に疑惑がある



イタリアの船長が愛人を同伴していて、いちはやく避難させて船外の救命ボートに送り出した疑惑が取りざたされている。

豪華客船は安全だと思っていた人も多いのだろうが、いつ何時かつてのタイタニック号のような悲劇に襲われるかわからない。







posted by rosta at 22:04| 東京 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

へぎそば、通信販売、 日本文化の心 茶道具通販なら舞宝夢茶道具店
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ